正確に、丁寧に仕事をしていくこと | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/8/7

8/2にビデオ勉強会に参加しました。
今回は数奇屋大工の齋藤光義さんの仕事についてでした。

その中で、齋藤さんは、「仕事は積み木みたいなもの。
時間がなくとも毎日すべてを尽くした仕事をしなければならない。」
とおっしゃっていました。

仕事が重なったり、期限が短かったり、
時間がないと急いで行ってしまうために、
仕事が雑になってしまったりすることがあるかと思います。
そのとき状況に関わらず、ひとつひとつ手を抜かず丁寧に作業を行い
その積み重ねをしていくことが大切だと感じました。

また、プロフェッショナルとは
安心して任せられる人。実力があってやさしい人。と答えていました。

安心して仕事を任せてもらえるために、
正確に、丁寧に仕事をしていくことが大切だと思いますので、
意識して仕事に取り組んでいきます。



ビジネスマッチングフェア | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/7/21

7月19日、20日の2日間アクトシティ浜松の展示イベントホールで、
ビジネスマッチングフェアが開催されました。

ブースに足を運んでくださった皆様ありがとうございました。

ビジネスマッチングフェアは、浜松の多種多様な企業が集結
する展示会です。
弊社は、入社2年目までの社員が運営と当日の対応を行いました。
初めての展示会ということもあり、不安なことも多くありましたが、
お客様の顔を直接見て話をすることで、電話対応やメールでの対応と違い、
よりお客様が望んでいることが見えてくると感じました。

アート電子では、ホームページからのお問い合わせをたくさんいただきますが、
展示会ではお客様の顔を見てお話することができる貴重な機会だと感じます。
お客様に伝えたいことがなかなか伝わらず、難しいと感じることばかりでした。

今後も、業務を通して知識をつけ、お客様の困っていることや望んでいることに対して
きちんとお答えできるような対応ができるよう努めて参ります。


2017BMF.jpg

社外研修へ参加 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/7/3

先月、社外研修へ参加させて頂きました。

今回の研修を通して、
自分の周りで起こったことは全て自分が源であること、
周りを援助できる、与える人になることを学びました。

私は自分にとって都合の悪いことがあると、
周りの人や環境のせいにしてしまうことがあります。

しかし、もとを辿れば、そのような状況を作ったのは自分であり、
周りの人や環境のせいにしても何も解決しないことに気づきました。

今後は目の前の困難から目を背けず、
責任を持って、困難に向き合っていこうと思いました。

また、自分さえ良ければいいという自己中心的な考えはやめ、
常に周りの人を援助する、与える人になります。



確認・連絡 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/6/19

仕事をする際に工夫していることや、
自分なりのルールを決めている方は多いと思います。

私は仕事に取り掛かる時に、必要となってくる作業や
確認しなければならないことを細かく考え、全て書き出すようにしています。

そして、いつまでに行うか、何日に行うのかを決めてカレンダーに記入をし、
重要なものはグループウェアのスケジュールにも登録をして
作業忘れが無いように注意しています。

仕事をする上で、確認・連絡はとても重要なものです。
目的の作業ばかりに目を向けていると、確認不足や関係者への連絡忘れ、
また、スケジュールに遅れが発生する可能性があります。

今後も経験を重ね、手間をかけてスケジュールを組んでいくことで
必要となることが瞬時に判断できるようにしていきます。


メモ.jpg

入社して二ヶ月 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/6/15

入社して二ヶ月が経ちます。

弊社では、八ヶ月間研修があります。
四月は各部署を四日間ずつ研修しました。
全ての部署で研修を行うことで、アート電子の流れを知ることが出来ました。
どのように仕事が流れているかを理解することで、
業務の内容や意味が分かるようになると思います。
私もこの二ヶ月で四月から少しずつですが、
理解を深めることが出来ていると実感しています。

五、六月は、一ヶ月間同じ部署で研修を行います。
毎日繰り返し行うことで、知識として身に付けることができているのではないかと思います。
落ち着いた電話の対応や正確な作業をしている先輩方を近くで見て、
早く先輩方のようになりたいと強く思います。

先輩方に少しでも早く近づくために、今できる作業を正確に行えるようにしていきます。


会話.jpg

入社して約2ヶ月 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/6/13

入社して2か月が過ぎました。
4月は各グループの研修を行いましたが、
先月から設計技術グループで研修を行っています。
私は設計志望で入社したので今がとても充実しています。
    
研修期間中の今は学ぶことが多く、たいへんです。
設計の業務は思っていたよりもとても難しく、苦労しています。
しかし、苦労を乗り越えることが私の今のやることだと思います。
出された課題を1つ1つ確実にこなしていきたいです。
先輩社員さん達に1日でも早く追いつきたいですが
まだまだ追いつけそうに無いことを実感しています。
様々な経験を積み、知識と技術を身に着けていきます。

また、先月初任給をいただきました。
私はいただい初任給を両親へのプレゼントに使いました。
両親の他に車を譲ってくれた叔母にもプレゼントを渡しました。
今までプレゼントを渡すことが殆どありませんでした。
何がほしいか聞き、プレゼントしました。
3人ともとても喜んでくれました。
これからは定期的に恩返しをしたいと思います。


160883e129ddfaf6c85be213d485a876_s.jpg

入社して約2ヶ月 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/6/9

入社して約2ヶ月が経過しました。

先月まで、顧客支援グループで研修を受け、
今月からは開発支援グループで研修を行っています。
7月からは仮配属となり、入社してからの研修で学んだ知識を元に、
配属された部署ごとでの研修となります。

今まで教えていただいたことをきちんと整理し、
分からないことは質問したり、調べたりして理解度を深めています。
理解している”つもり”ではなく、理解”できている”ように
ならなければならないと感じています。
そのためには、自分自身がつまずいていることを把握し、
業務に反映していかなければならないと日々思っています。

お客様にとって、新人もベテランもアート電子の社員に変わりありません。
会社について尋ねられたとき、正確に答えられるように
知識を増やし、説明できるようにしていきます。

また、先月初任給をいただきました。
いただいたお給料に見合う仕事ができておらず、
申し訳ない気持ちと悔しい気持ちがあります。
いただいたお給料でいつも支えてくれている家族に、
感謝の気持ちを伝えました。

日々努力を重ね、少しでも早く、
会社に貢献し、お客様に満足していただけるよう、邁進していきます。


家族.jpg

イベントを通して他部署の方と交流 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/6/7

5/20(土)にボーリング大会を開催しました。
親睦推進委員として、何を行うか等の打合せ・当日の動きと
親睦推進委員長の手伝いを行いました。

イベントを通して他部署の方と交流ができ、
コミュニケーションを取ることが出来ます。
このようなイベントの場を活かして
あまり接点の無い方々とコミュニケーションを行うことで、
仕事の場でも良いコミュニケーションを行えるようになると思います。

また、イベントごとにアンケートをとり、
良かった点・悪かった点を出していただき
次回のイベントに活かしていきます。

今回のボーリング大会では新入社員の方々に
親睦推進委員としてビデオ・カメラの撮影を手伝っていただきました。
今回は、打合せが足りていない部分・準備を怠っていた部分があり、
親睦推進委員全体での段取りがよくないところがありました。

次回のイベントが8月にあるので、
今回の反省点・改善点を8月のイベントに活かせるように
打合せ・準備の対応を行っていきます。


ボウリング_2.jpg

他社にはない当社の魅力 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/5/18

当社では、若手社員を中心に一年を通して様々なイベントを企画・運営しています。

5/20には、社内のボウリング大会が開催されます。

イベントを開催することで、普段仕事であまり関わる機会のない方とも交流でき、
コミュニケーションを取ることができたり、
コミュニケーションを取ることで、仕事を円滑に進めたりすることができるようになると思います。

その為には、出来るだけ多くの方に参加して頂けるよう、魅力のある行事を企画することが必要になります。

仕事に置き換えると、お客様からこの会社・人に依頼したいと
思ってもらえるような仕事をすることが大切になると思いました。
お客様から頂いた仕事をこなすだけでなく、他社にはない当社の魅力をアピールしなくてはなりません。

提案やアドバイスが出来る知識も必要ですが、
まずはお客様や後工程のことを考えた対応をすることで、仕事を任せて頂けるようにします。


ボウリング.jpg


母の日に感謝のプレゼント | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/5/16

毎年、私は、5月14日の母の日に
感謝のプレゼントを渡しています。

カレンダーには他にも感謝の気持ちを
伝えるような日がありますが、

このような日に感謝やありがとうの
言葉を伝えるような行いをするごとに

日常では"当たり前のこと"が、
実は"当たり前では無い"と考える良い機会となります。

"当たり前のこと"を"当たり前と思わない"ことで
相手への感謝の量が増えます。

その感謝を"ありがとう"という言葉にすると、
ありがとうと言われた相手は
「やって良かったな。またやろう」と思います。

また、"当たり前のことが当たり前ではないと"考えると
凄く小さなことで気がづくようになったり、
良いアイディアも生まれます。

"当たり前ではない"が"ありがとう"を生み
それが相手の喜び、やる気を生み
更なる"有り難う"を生んでいく。
こういう関係が長く太く続く関係を作って行くと思います。

このような良いスパイラルを社内の方やお客様と築けるように
自分からどんな些細なことでも"ありがとう"を伝え、
お客様からありがとうを言われるような仕事をして行きたいです。


母の日.jpg