教える立場 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/4/19

4/3に新入社員3名の方の入社式を行いました。

3名ともとても緊張されたと思います。
そんな中、「これからがんばります!」と皆さんの前で
笑顔でコメントをして頂きました。

自分も昨年は入社式で、とても緊張していました。
皆さんに温かく迎えて頂き、嬉しく感じました。
36期新入社員の3名にも同じように感じてくださったら
良い式に出来たのではないかと思います。

入社してから1年が経ち、先輩として仕事を教える立場
となりました。
はじめて教えていてまだまだ業務内容や会社全体の仕事の流れを、
しっかりと理解できていないのだと感じました。

1年目は初めて知る単語ばかりで、内容が理解できていませんでした。
メモを一生懸命取りましたが、メモの取り方があまり良くなく
見返してみて分かりづらい箇所が多々ありました。

メモの取り方からプレゼンについてまできちんと教えることが
できるように頑張ります。
教えるということを通して、今一度作業の振り返りを行っていきます。


教える.jpg

先輩という立場 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/4/17

4月より新入社員3名が入社をしました。
新しいスーツを身にまとい笑顔の素敵な3名の仲間が増えました。
そして現在新入社員の方は、順番で各部署の業務を行っています。
    
私は、入社2年目を迎え先輩という立場になりました。
1年間学んできたことを教える立場となり、教える難しさと
業務と指導との両立の大変さを実感しています。
自分では上手く伝えたつもりでも実際は伝わっていなかったり、
分かっているはずなのにいざ説明をすると言葉がでてこなかったり、
と自分の勉強不足を痛感しました。
指導をすることにより自分のいたらない点が明確になるので
今後の課題として前向きにとらえていきます。
また、教える立場となり昨年指導して下さった上司・先輩
方への感謝の気持ちを改めて感じました。

新入社員の皆さんは、私の話をメモをとりながら真剣に聞いてくださり
教える側としてとても嬉しく思います。
また、4月21日には新入社員歓迎会、4月28日には月末プレゼン
と新入社員の方は発表を控えているのでとても大変だと思います。
同期中心でサポートをして発表を良いものにしていきます。


support.jpg


入社して1年が経ちました | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/4/13

入社して1年が経ちました。現在、私は営業として多くのお客様のところへ訪問しています。

自分の売り上げ目標を達成する為に、まずはその売上のために一日何人お会いしなければいけないか、

来月の見込み金額はいくらか把握し、来月分の売上をどうするか日々頭を悩ましております。

どこのお客様に訪問するべきが、どこのお客様からの売上が今後伸びそうかを判断し、

今度の訪問計画に入れ、今よりもさらに会社が成長できるよう計画的に行動できるよう心掛けております。

お客様から仕事を頂くだけでなく、現状のお客様の要望や課題を解決しながら訪問活動をすることが、

今後の課題です。今は、まだ勉強中のこともあり、お客様との商談に活かすことのできるよう、

知識を少しずつ身につけ、社内で対応できる範囲でどのようなことが提案できるかを模索しております。

自分ではまだ提案営業とは言えないことが多いため、お客様ごとに抱えている課題をまとめ、

訪問時にすぐに提案できるよう努めなくてはいけません。



学ぼうという気持ち | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/3/31

3/20〜3/24までの5日間、
4月に入社される3名の新入社員さんがインターンシップに参加されました。

毎回教える立場になると自分は出来ているのかと振り返る場面が多くあります。

同じ仕事を繰り返していると自分は当然出来ていると出来たつもりになってしまうことがありますが、
成長には限りが無い為、出来ていると思うことでもまだまだ磨ける部分があると思います。

新入社員さんを見て、自ら限界を作らず、意識的に取り組むことの大切さを感じました。

また、教える立場になった時にだけ振り返るのではなく、
常に自分を振り返る習慣をつけていきたい思いました。

仕事をしている中で、周りから気づかされることはたくさんあります。
お客様、上司・同僚・部下、関係なく周りの方から学ぼうという気持ちを

忘れないようにしていきます。



大学生向けの会社説明会 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/3/17

来週から今年度の大学生向けの会社説明会を始めていきます。

説明会は限られた時間の中で当社が伝えたいことを抜粋してお話しています。

学生さんによって、聞きたいことや会社を見ている視点は一人一人違うと思います。
説明会ではこちらからの一方通行の説明にならないよう、
学生の皆さんと会話をしながら行っていきたいと思います。

採用活動をしていると、会社の役割や一つ一つの業務の工程、
会社の取り組みの目的を今一度深く考えることができます。

今の私はお客様の為に行動が出来ているか、自分の人生を充実させる為には
会社でどのような気持ちをもち続けなければならないか、
学生の皆さんに話をするには自分自身の行動が伴っていなければなりません。

採用活動は学生を見る前に、自分自身を見つめ直すことも出来る良い機会だと感じました。

人前で話すことは何度行っても緊張してしまいますが、
自信をもって学生の皆さんの前で説明ができるようにしていきます。



新入社員の方々をサポート | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/3/15

入社して約11ヶ月が経ちました。
来月の4月から新入社員の方々が入社してきます。
先輩社員となることに、とても緊張しています。

先輩社員としてきちんと教えることが出来るように、
現在は業務を対応しながら説明が出来るように、
復習を行いながら業務を対応しています。

3月20日から24日までの5日間内定者インターンシップがあります。
今まで教えていただいたことを初めて人に教えるので、
まだまだ至らない点が多々あると思います。

4月から新入社員の方々をサポートできるよう、
今からきちんと準備を行っていきます。

そして教えることにより、自分が理解していること・
理解できていないことが明確になります。
より精度の高い対応を行うために、
自分の出来ることを見つめなおしていきます。

4月は入社式、新入社員歓迎会等のイベントが多くなってくるので、
35期メンバーで連携を取り、
また先輩社員の方々に助けていただきながら
良いものをつくれるようにがんばります。



自社のアピール | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/3/13

月に1回弊社では、「上司を追い越せ勉強会」が実施されます。


入社1年目から3年目の社員が上司と話し合う場になります。


2月の議題は「プリント配線板EXPO」についてです。


弊社が「プリント配線板EXPO」に参加しているのは知っていましたが
実際にどのような活動をしているのか、参加する目的は何か、
など具体的な内容は知りませんでした。


その為、今回の勉強会で詳しくお話を聞くことができました。


参加する目的は
 1新規顧客の獲得
 2自社のアピール
 3既存のお客様の声を直接聞くことができる 
です。


目的を知り、参加した社員の成果に対して私が
今後できることを考えました。


新たな案件をお客様から頂き、迅速に対応して
確実な指示・情報を現場に伝えること、

また、変更の指示を頂いたら
変更漏れのない情報を確実に現場に伝え、

お客様からの信頼を得たいと思います。

7月には「ビジネスマッチング浜松」に参加するので

自社のアピールができるよう精一杯努めます。


多くのお客様と接する | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/3/6

入社して11ヶ月が経ちました。現在、私は営業としてお客様と接する機会をたくさん頂いております。

多くのお客様と接することで様々な情報やお客様とアート電子の繋がりを知ることができました。

また、お客様が困っていることや望んでいることを聞き出し、それに対しどう提案するべきか社内で検討し、

お客様の要望に対し確実にお答えすることを常に意識しています。

私はまだ、知識不足なこともありお客様の課題やご要望にすぐに答えることができず、

一度社内に戻って改めてご報告させて頂きます、と言いお客様に時間を掛けて答えている場合が多いため、

お客様の期待に答えることができていないことが現状です。設計の知識や実装の知識に関しては、

お客様よりも豊富に持ち、どのようなことをお客様が聞いてくるか事前にヒアリングし

その提案を打合せの時にすぐにお出しできるよう事前準備をさらに時間をかけて行い、

お客様にまた依頼しようと思って頂けるような営業マンとして成長するよう精進します。


営業マン.jpg

日々レベルアップ | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/3/1

3月1日にビデオ勉強会へ参加いたしました。

今回の内容は旅客機パイロット 早川秀昭さんの仕事についてです。

「ボーイング787」の就航を担当する・・・
つまり、新型機のテストフライトを担当し、不具合を見つけて改善し、
その新型機を操縦するパイロット育成の役割も担う方の「仕事の流儀」です。

エンジンに不具合があった時、スタッフさんから「ミスは怖くありませんか?」と聞かれ、
「全然、全く怖くないです。だって、これでお客さん乗せますから。
ミスは洗いざらい出したほうが良いです。」という回答がとても印象的でした。

"0.001%のミスを見逃さない"という仕事の姿勢は、パイロットに限らず
どんな仕事にもいえることだと思います。

「ここまでやれば大丈夫だろう」「今までこうだったから・・・」
と妥協するのではなく、常によりよく改善出来るかどうか
考え実行することが必要と感じました。

今後も、現状の自分の力に満足せず、日々レベルアップしていきます。


レベルアップ.jpg

鑑となるような人になる | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/2/23

理念と経営勉強会へ参加しました。

今月の記事の中に
「野村克也流リーダー論 鑑となるような選手がいることで周りの選手の意識が変わる」
という記事がありました。

私は、鑑となるような人になる為には、
他人よりも努力する事が必要だと思いました。

努力が必ず報われるわけではないと思いますが、
成功している人は影で努力をしていると思うからです。

例えしたことが成功ではなかったとしても、
やり切ったという充実感や失敗した経験を次に活かすことが出来ます。

仕事においても、成功という見返りを求めず、
目標に向けて挑戦することで自信を付けていこうと思いました。

また、先輩として、後輩の手本となれるよう、
普段から態度や立ち振る舞いに気を付けていきます。


チャレンジ1.jpg