新入社員の方々をサポート | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/3/15

入社して約11ヶ月が経ちました。
来月の4月から新入社員の方々が入社してきます。
先輩社員となることに、とても緊張しています。

先輩社員としてきちんと教えることが出来るように、
現在は業務を対応しながら説明が出来るように、
復習を行いながら業務を対応しています。

3月20日から24日までの5日間内定者インターンシップがあります。
今まで教えていただいたことを初めて人に教えるので、
まだまだ至らない点が多々あると思います。

4月から新入社員の方々をサポートできるよう、
今からきちんと準備を行っていきます。

そして教えることにより、自分が理解していること・
理解できていないことが明確になります。
より精度の高い対応を行うために、
自分の出来ることを見つめなおしていきます。

4月は入社式、新入社員歓迎会等のイベントが多くなってくるので、
35期メンバーで連携を取り、
また先輩社員の方々に助けていただきながら
良いものをつくれるようにがんばります。



自社のアピール | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/3/13

月に1回弊社では、「上司を追い越せ勉強会」が実施されます。


入社1年目から3年目の社員が上司と話し合う場になります。


2月の議題は「プリント配線板EXPO」についてです。


弊社が「プリント配線板EXPO」に参加しているのは知っていましたが
実際にどのような活動をしているのか、参加する目的は何か、
など具体的な内容は知りませんでした。


その為、今回の勉強会で詳しくお話を聞くことができました。


参加する目的は
 1新規顧客の獲得
 2自社のアピール
 3既存のお客様の声を直接聞くことができる 
です。


目的を知り、参加した社員の成果に対して私が
今後できることを考えました。


新たな案件をお客様から頂き、迅速に対応して
確実な指示・情報を現場に伝えること、

また、変更の指示を頂いたら
変更漏れのない情報を確実に現場に伝え、

お客様からの信頼を得たいと思います。

7月には「ビジネスマッチング浜松」に参加するので

自社のアピールができるよう精一杯努めます。


多くのお客様と接する | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/3/6

入社して11ヶ月が経ちました。現在、私は営業としてお客様と接する機会をたくさん頂いております。

多くのお客様と接することで様々な情報やお客様とアート電子の繋がりを知ることができました。

また、お客様が困っていることや望んでいることを聞き出し、それに対しどう提案するべきか社内で検討し、

お客様の要望に対し確実にお答えすることを常に意識しています。

私はまだ、知識不足なこともありお客様の課題やご要望にすぐに答えることができず、

一度社内に戻って改めてご報告させて頂きます、と言いお客様に時間を掛けて答えている場合が多いため、

お客様の期待に答えることができていないことが現状です。設計の知識や実装の知識に関しては、

お客様よりも豊富に持ち、どのようなことをお客様が聞いてくるか事前にヒアリングし

その提案を打合せの時にすぐにお出しできるよう事前準備をさらに時間をかけて行い、

お客様にまた依頼しようと思って頂けるような営業マンとして成長するよう精進します。


営業マン.jpg

日々レベルアップ | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/3/1

3月1日にビデオ勉強会へ参加いたしました。

今回の内容は旅客機パイロット 早川秀昭さんの仕事についてです。

「ボーイング787」の就航を担当する・・・
つまり、新型機のテストフライトを担当し、不具合を見つけて改善し、
その新型機を操縦するパイロット育成の役割も担う方の「仕事の流儀」です。

エンジンに不具合があった時、スタッフさんから「ミスは怖くありませんか?」と聞かれ、
「全然、全く怖くないです。だって、これでお客さん乗せますから。
ミスは洗いざらい出したほうが良いです。」という回答がとても印象的でした。

"0.001%のミスを見逃さない"という仕事の姿勢は、パイロットに限らず
どんな仕事にもいえることだと思います。

「ここまでやれば大丈夫だろう」「今までこうだったから・・・」
と妥協するのではなく、常によりよく改善出来るかどうか
考え実行することが必要と感じました。

今後も、現状の自分の力に満足せず、日々レベルアップしていきます。


レベルアップ.jpg

鑑となるような人になる | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/2/23

理念と経営勉強会へ参加しました。

今月の記事の中に
「野村克也流リーダー論 鑑となるような選手がいることで周りの選手の意識が変わる」
という記事がありました。

私は、鑑となるような人になる為には、
他人よりも努力する事が必要だと思いました。

努力が必ず報われるわけではないと思いますが、
成功している人は影で努力をしていると思うからです。

例えしたことが成功ではなかったとしても、
やり切ったという充実感や失敗した経験を次に活かすことが出来ます。

仕事においても、成功という見返りを求めず、
目標に向けて挑戦することで自信を付けていこうと思いました。

また、先輩として、後輩の手本となれるよう、
普段から態度や立ち振る舞いに気を付けていきます。


チャレンジ1.jpg

「教える・教わる」 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/2/3

1月26日に上司を追い越せ勉強会がありました。

今回のテーマは「教える・教わる」です。
約1年教わる立場で業務を務めてきました。
そして4月からは教える立場になります。

先輩方と教わる側、教える側の反省点・今後のアドバイス
を話し合いました。
話し合いをして、今後徹底したいと思ったことは「報連相」です。
行事を運営していく中で連絡ができていなかった為
準備が遅れてしまうことがありました。
意思の疎通ができていない。ということがないようにしていきます。
また、この「報連相」の内容は業務にもかかわってくると思います。
以前、報告ができておらず注意をうけました。
基本的な事ではありますがつい忘れてしまったり
手を抜いてしまうことがあるので気をつけます。

今回学んだこと・反省をしたことは
4月から入社をする3名に教える時に生かしていきます。

「教える・教わる」 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/2/3

「理念と経営」2月号に
職場教育の重要性について書かれている記事がありました。

また、先月の上司を追い越せ勉強会にて「教える・教わる」について行い、
教える・教わる上で重要な点を意見交換しました。

「理念と経営」2月号の記事と上司を追い越せ勉強会で
どのように教えていくべきかを考えることが出来ました。

コミュニケーションの取り方・教える情報量等の
気に掛けていく点を注意して対応していきます。

去年の4月に入社をして、教えていただいたことがたくさんありました。

その中で、自分はきちんとメモを取ることの重要性が分かりました。
また、今後一人で行なっていくためにメモの取り方が大切だと学びました。

そして、今年は「教える立場」となります。
自分にしていただいたこと・教えていただいていて気づいた点などを
新入社員へきちんと伝えられるように頑張ります。

4月から新入社員が入社してきますが、
新入社員の方々の理解が深められるように説明を行なっていきます。

入社して10ヶ月 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/2/1

入社して10ヶ月が経ちました。研修中の時よりも、業務内容は増え、忙しくなりました。

しかし、自分で目標を定め、それに向かって活動をし、目標達成に近づく結果が出た時は、

とても嬉しかったです。目標に対して、毎日何件お客様に会わなくてはいけないのか、

常にお客様と繋がりを保つことができるよう、定期的に連絡し、状況を把握することを意識し、

お客様からお声掛けを頂いた時、すぐに行動ができるよう準備を欠かさないよう努めています。

また、1件1件訪問する中でも、どのようにお客様との会話を広げ、

次の訪問にどのようにつなげるか頭の中でイメージし、事前準備を欠かさず、

質の高い商談内容にするように心がけております。今の自分に足りないものとしては、計画性です。

目標達成するための計画を立て、それに確実に実行する為に少しずつ前進できるため、

今は商談に対しての事前準備として段取り力を身につけることができるよう日々精進しております。

お客様にリピートして頂く | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/1/19

ビデオ勉強会へ参加しました。

今回の内容は装丁家 鈴木誠一さんの仕事についてでした。

私は鈴木さんの
「プロフェッショナルとは、次の依頼が来ること、これに尽きます。」
という言葉が印象に残りました。

お客様にリピートして頂く為には、
この会社・人に仕事を任せたいと思って頂かなければなりません。

仕事を任せたいと思って頂く為には、
仕事を単純にこなすだけでなく、自ら積極的に仕事に取り組み、
時には提案やアドバイスを行える知識が必要だと思いました。

また、目標やビジョンを持ち、楽しく仕事をすることが大切だと感じました。

私は今、電子回路営業士2級の資格取得に向けて勉強をしているので、
お客様に仕事を任せたいと思って頂くためにも、目標に向けて頑張ります。



大人としての自覚 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/1/17

1月8日 無事に成人式を迎えることができました。
成人式を迎え、これまで私を支えてくださった
全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

一般的に成人式を迎えると大人といわれます。
大人と一言で言っても、それをさす意味は様々にあります。
私は、「社会的」「年齢的」「身体的」「精神的」と4つ考えました。

精神については歳を取れば勝手に大人にはなりません。
社会で経験を積むことにより、必ずしも成長するとは限りません。
親になり、子供を産み育てていても精神的に大人に成り切れない人もいます。

改めて、大人とは何だろうと大きく分けて2つ考えました。

 ・他者に依存することなく、自身で考えて行動できること。
 ・自分で判断して、規律を守り自分を律すること。

「責任を持つこと」と「自律をする」ことを「自覚できる人」が、大人だと思います。

年齢だけではなく精神的にも大人になれるようこの成人式を境にして
自分自身を見つめ直し、後悔のない人生を歩んでいきます。