ビジネスマナー勉強会 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

アート電子では入社して一年間、朝の時間にビジネスマナー勉強会を行っています。

勉強会の内容は、新入社員の心構えや社会人としての基本など、
当たり前のことですが、なかなか実行できないものが多いです。


私は現在入社三年目ですが、新入社員さんと一緒に先日から
この勉強会に参加させて頂くことになりました。

私も二年前は同じ内容を勉強しましたが、今改めて参加してみると
入社当時の姿勢や気持ちを忘れてしまっていたり、
また、当時とは違った視点で考えることができるようになったりと
改めて、学び続けるということが大切なのだと感じております。


本日の勉強会の内容は『上司のタイプ研究』でした。

いくら上司といえど、完璧な人などいません。


上司にも様々なタイプの方がいます。

その方の特徴を理解して上司に合わせた対応をしていきましょうという内容でした。

ここでは、新入社員の視点から捉えていますが、上司・先輩の方々も
後輩のキャラクターに応じて指導の仕方、コミュニケーションの取り方など
毎年、毎年、工夫して頂いていると思います。

相手の人柄を理解し、それにあった対応をするというのは
人間関係を築いていく上で基本になってくると思います。


上司だけでなく、お客様、仕入れ先様、社員の皆さん
自分と関わってくれる人たちを理解し、自分を知って頂くことで
より良い人間関係をつくっていきます。



社員研修旅行2014 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2014年の社員研修旅行は北海道へ1泊2日の弾丸旅行となりました。

浜松天気は快晴でしたが、北海道の天気は小雨と少し肌寒い気候でした。

参加者の中には北海道初上陸の方もいて少し残念な
北海道デビューとなってしまった人もいたようです。

北海道上陸後の最初の観光地は白い恋人パークでした。

白い恋人パークでは、銘菓白い恋人の製造工程の見学や
チョコレートの製造方法、包装パッケージの歴史等様々な展示品がありました。

白い恋人パークで感じたことは、白い恋人の製造工程や品質管理方法などを
分かりやすく公開することで、来場者が簡単に工程を理解できる点や、
製造工場そのもを観光地にしてしまうという発想には驚きました。

また、白い恋人は北海道を連想させるような商品名と基本的には
北海道に行かなければ手に入らないという点など、
業務において参考になる点が多く存在しました。


夕食は、海鮮尽くしの大宴会となりました。
DSC08262.jpg


2日目は羊が丘展望台と札幌ドーム見学後、小樽運河、堺町通りを散策しました。

2日目の天気は予報では雨でしたが、日頃の行いが良かったのか雨も降らず
天気は何とか持ちこたえてくれました。

2014年の社員研修旅行を通して私は、幹事を担当したのですが、
組織をまとめることの難しさ、常に1歩先を読んだ行動、不測の事態に陥っても
リカバリーする柔軟な対応力など、普段業務で重要視されていることが、
無事に旅行を運営できた要因へと繋がったのではと感じました。
また、私が設定した集合時間よりも早くいつも集まって下さる
参加メンバーの方には大変感謝しています。

今回の社員旅行では改めて組織力の大切さを学べた旅行となりました。

DSC08021.jpg

先輩は部下の見本となる | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

新入社員が入社して、2ヶ月が経過しました。
先輩に追いつこうと必死で努力している姿を見ると、身が引き締まります。

「人の振り見て我が振り直せ」ということわざがあります。
他人の行動を見て、良いところは見習い悪いところは改めよという意味です。

しかし、新入社員が何も知らない仕事にはじめて取り掛かるとき、
先輩の「振り」が良いものなのか悪いものなのか、判別できません。


もし、ルールや決まりごとが守られていない悪い「振り」を習得していった場合、
たとえ先輩に追いついたとしても、やがて社内外を問わず問題が浮かび上がってくるでしょう。

「当たり前のことが当たり前にできる」社会人となるため、
先輩は部下の見本となり振舞う必要があると気づきました。



電話応対 -----浜松市のアート電子リクルート専用サイト

先日から電話の取次ぎを新入社員の皆さんも行うようになりました。


慣れない中、お客様の言葉を聞き取ろうとする姿勢を目にし、

私も良い刺激を受けることができました。

また、それと同時に、

自分は正しい電話応対ができているだろうかと不安になりました。

 


正しい敬語や言葉遣いはもちろんですが、

電話では相手の顔を見ることができません。


同じ言葉を話していても、声の大きさ・明るさ・声のトーンによって

受ける側の印象はまったく変わっていきます。


私自身、心掛けていることは2点です。


 @笑顔で話す

 A声に表情をつける

電話の取次ぎは会社の印象を決める顔にもなります。


笑顔を心掛けると、緊張もほぐれ自然と声が明るくなります。


また、「ありがとうございます」や、「申し訳ございません」といった

言葉も相手と会話をしているという意識を持てば自然と気持ちの

こもった声になります。


今後も自分なりの工夫をしていき、

お客様が気持ちよく電話をかけられるような対応を心掛けていきます。

 

ボウリング大会 -----浜松市のアート電子リクルート専用サイト

先日、社内のボウリング大会がありました。


アート電子では、2ヶ月で1回のペースで社内行事が行われます。

行事では若手社員が企画運営を主に行っています。

行事が行われることによって普段かかわることが少ない
他部署の方や、幅広い年齢層の方とも
コミュニケーションが取れる為、社内行事というものは
普段味わうことのできない体験だと改めて感じました。

いろいろな方と接する機会がある為、さまざまな考え方や、情報など
取り入れることができる為、社内行事には、積極的に参加し、

このような機会を有効活用していくことが、良いと感じました。

また、運営を行うことにより、どのようにすると喜ばれるか、
全体がまとまる為には、といったことを考えるようになり、
さまざまな力が身につくと思いますので、

最大限力を発揮して運営していこうと思いました。


bb.png

初任給A -----浜松市のアート電子リクルート専用サイト

入社して、一ヵ月半が経ちました。

私たち新入社員は、先日、初任給をいただきました。

学校を卒業し、社員として初めての給料です。

社長から給料を手渡していただいた際、嬉しい気持ちと同時に
両親への感謝の気持ちが込み上げてきました。

初任給は、両親にプレゼントをするという
計画を立てているので、これから実行していきます。

先日、毎朝行っているビジネスマナー勉強会で、
「給料」についての話がありました。

給料を払ってくれるのは、社長でも経理担当者でもなく、
お客様です。

お客様が、会社の商品やサービスを購入して支払ったお金から
給料が出ています。

すべての仕事にお客様を意識して働き、
お客様を大切にしていくことで、丁寧な仕事をしていきます。

そして、お客様から「ありがとう」と言われるような社員になり、
お客様からも社員さんからも信頼される人になります。


八田.png

■日本の食品安全規格

現在、農林水産省が実施している食品製造業に

  おける『*HACCP手法』の導入状況を見ると現在

  の食品安全規格は以下の内容に分類されます。

 @日本国内の法令等に基づいて国によって定め

    られている認証規格

 A地域HACCPと呼ばれる自治体が行っている

    認証規格

 B民間企業や業界団体等が行っている認証規格

 CISO22000のような国際認証規格

『*HACCP手法』とは

Hazard Analysis Critical Control Pointの略

 食品の原料の受入から製造、出荷までの全ての

  工程において危害の発生を防止する為の重要

  ポイントを継続的に監視、記録する衛生管理手法

 日本の主な食品安全規格

 @総合衛生管理製造過程承認制度

  総合衛生管理製造過程は、HACCP手法の考え方

   を入れた商品の製造過程であり、1995年、

   食品衛生法の改定に伴い、企業からの任意の

   申請による厚生労働大臣の承認制度

 A対米輸出水産食品の登録施設及び対EU輸出水産

    食品の登録施設米国、EUに輸出される水産食品

   については、日本政府と輸出先政府との交渉

  結果、個々のHACCP手法に基づく衛生管理が

  求められる

 BHACCP手法支援法に基づく高度化計画

  食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時

    措置法HACCP手法支援法(HACCP法)はHACCP

  手法の導入による食品の製造過程の管理の

  高度化を進める計画

 C地方公共団体による食品衛生管理認定精度

  国とは別に地方自治体が独自にHACCP手法に

  基づく食品衛生管理認定制度

  弊社が取り扱っています製品は実装関連ですが、

 ISO要求規格に沿った品質、環境管理を実施して

 おります。  

整理整頓 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

■業務が立て込んでくると、机の上が片付かなく なる事があります。チェックのために使った紙 やメモ用紙など本来であればすぐに処分すべき ものが残ってしまいます。 私の業務、データの編集で注意しなくてはなら ないポイントの一つは、選択ミスです。机上に 残ったメモや上の様に不必要な情報は存在する だけでも選択ミス発生の可能性が増えてしまい ます。 さて、子供の頃から親や先生に言われた「整理 整頓」。元々の意味は、「整理」は不要なもの を取り除くこと、また「整頓」はきちんと片付 ける事だそうです。 やはり優先すべきは言葉の順番通り@整理A整 頓。不要なもの、情報はタイムリーに判断して 削除し必要なものを分かり易く共有しなければ いけません。 現在、データ管理グループでは業務上で必要で 保管すべき情報を取り決めて案件ごとに保管し ております。必要、不要の判断を明確にして、 業務スピードアップ、品質アップをする事で お客様へのサービス向上に繋げて参ります。