方針書発表会での表彰の副賞 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2015/1/15


昨日は、方針書発表会での表彰で副賞として頂いた、

豪華ランチに連れて行って頂きました。



この表彰者のランチは、毎年アート電子も出展している、

インターネプコン・ジャパンの見学も兼ねています。

 

150115.jpg


午前中は東京ビックサイトにて当社ブースに立ち寄った後、

限られた時間の中でしたが、展示会の見学をいたしました。


受賞者の開発担当者、設計担当者が解説をしながら周ってくれたので、

興味を持って、会場内を一通り見学することができました。


普段はこのような展示会に行く機会や同業者の様子を知る機会は

あまりありませんので、普段の業務だけでは学ぶことができない

貴重な時間を過ごすことができました。

 

 

展示会の見学の後は、表参道で皆さんとランチをし、

フレンチのコース料理をデザートまで美味しくいただきました。


準備から当日の案内まで、ありがとうございました。


一日、このような時間を頂きましたので気持ちを新たに、

日々の業務に励みまた表彰者に選ばれるよう努力をしていきます。

初めての設計がお客様から承認をいただきました | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2015/1/13

 

先日、私の初めての実案件でしたが、お客様にご承認をいただきました。


基本的な設計でしたけれど、精一杯頑張って行っていた設計が

お客様に承認されたとき、喜びました。


この喜びが、今のやる気に変わって、毎日こつこつと練習を行っていて

一日も早く多くの実案件に対応できるスキルを身につけるように

頑張っています。


入社して三ヶ月になっています。


入社したばかりのころは設計に対して不安でしたが、

三ヶ月後の今、アート電子の系統的な教育を受けて、

最初の分からない状態からパターン設計を大好きになりました。


好きだからこそ、やる気満々日々を過ごしています。


今の私は、お客様に喜びを伝える、お客様の期待している以上の

サービスを提供するプロの設計を目指して頑張っています。

新入社員8ヶ月研修 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2014/12/1


11/28に、

私たち新入社員の8ヶ月研修最後となる本採用プレゼンを行いました。

 

今回のプレゼンは、配属先のリーダーに向けて8ヶ月研修で学んだこと、

そして、今後アート電子にどう貢献していくかキャリアビジョンを

発表しました。

 

 

新入社員8ヶ月研修では、大きく分けて社内研修と社外研修を行います。

 

 

社内研修では、

アート電子の仕事をより深く学び知識の共有をすることで、

仕事の効率をアップさせることができました。

 

また、人を喜ばせること・楽しませることの喜びを感じることで、

仕事においてもお客様の立場になって物事を考えることができるように

なります。

 

 

社外研修からは、

チャレンジ意欲を学びましたので、自ら積極的に知識を身につけ、

失敗を恐れずに何事にもチャレンジしていきます。

 

私の所属する顧客支援グループは、

アート電子の窓口であり、営業でもあります。

 

そのため、お客様の望んでいることをいち早くくみ取り、

迅速な対応で確実に売上へと繋げていくことが役目です。


まだまだ分からないこと、学ばなければならないことがたくさんあります。


お客様や社員さんから信頼され、必要とされる人財になるために、

私も日々成長していきます。

 

今振り返ると、この8ヶ月間は長いようでとてもあっという間でした。

 

楽しいことばかりではなくつらいこともありましたが、

上司の方や先輩社員さん、そして同期の3人のおかげで

乗り越えることができました。

 

8ヶ月研修卒業は成長の通過点ですので、

これからも向上心を持ち続け、仕事をしていきます。

141201.jpg

今すぐ言葉を変えましょう | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2014/11/28


私は先月、『今すぐ「言葉」を変えましょう』という本を読みました。

514LAKF-TSL.jpg

この本は、アメックス日本支社営業部門で2年連続、売上20億という

前人未到の記録を達成した佐藤由紀さんのお話です。


彼女は、アメリカン・エキスプレス社の法人営業部門に勤務していました。


目標達成への責任、プレッシャー、まるで目に見えてこない成果に疲れ果て、

後ろ向きに物事を考えてしまうネガティブ人間になっていました。


いろいろな自己啓発を試したし、ビジネススクールにも通ったけれど、

全く上手くいかない。


そんな彼女を救ったのは、自分の「言葉」でした。


彼女は、それまでのネガティブな言葉を全てポジティブな言葉に

置き換えたそうです。


使う言葉を変えるだけで、自分の心は変えることができます。


例えば、「すみません」を「ありがとう」に変えるだけでも、

人生はガラッと変わります。


彼女はこうして営業成績をアップさせました。


「言葉」を変えるだけで、どんな人でも人生を好転できるのです。


私は、この本を読み、

脳は想像したことに忠実に反応するということを感じました。


具体的な例を上げると、酸っぱいレモンや梅干を想像します。


すると、実際にレモンや梅干はないのに唾液が出てきたり、

酸っぱさを感じたりします。


このことから、望ましい状況を想像し、言葉として音にすることで、

想像や言葉どおりのアウトプットが生まれるのではないかと思いました。


また、同じ物事でも人それぞれ見方や捉え方が違います。


同じ環境にいても、否定的な捉え方と肯定的な捉え方をする人とでは、

人生は変わってきます。


私は、何事も肯定的に捉え、幸せな生き方をしていこうと思いました。

方針書発表会の目的 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2014/11/11


現在、社内では今月に行われる方針書発表会に向けて準備に取り掛かっています。

先月の上司を追い越せ勉強会の議題は【方針書発表会の目的】でした。


■来期の方針を社員全員で共有し、意識を統一させるため

■方針を社員の前で発表することによって、自分自身への動機づけをする

■1年間の感謝の気持ちを伝える場

など、一人一人から様々な意見がでました。

勉強会では、そこからどのようして社内に落とし込んでいくかかが大切だと学びました。


目標や方針は掲げるだけでは意味がありません。

社員全員で目的や方針を理解して、掲げた行動計画を実行していくことが重要です。


私も今回の発表で社員の皆さんに、理解をして

協力して頂けるよう、自分の発表を行っていきます。


また、方針書発表会は皆さんを労う場でもありますので、

運営側として、当日の進行に支障がないようフォローをし、

全員で協力をして方針書発表会を成功させれるよう

一人一人の役割を責任をもって果たしていきます。



ボウリング大会 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

先日、社内のボウリング大会が行われました。


アート電子では、2ヶ月に一度イベントが企画・実行されます。

行事を行うことで、普段関わりの少ない、他部署の方と交流をしたり、
普段見ることのできない一面を見ることができます。


私は、このように行事を通して、コミュニケーションを何度も重ねることで、
信頼関係を築いていき、個人では実現できない成果を生み出しているのではないか
と感じました。

また、信頼関係を築くことでチームワークが生まれ、
一人ひとりがイキイキと働きやすい職場になっていくと思います。


今回のボウリング大会は、新入社員の私たちが、企画・運営を行いましたが、
突発的な事態に柔軟に対応できるように、常に先を読んだ計画・行動を
することが大切だと感じました。

仕事においても、お客様に満足して頂く為に、今どうするべきなのか
考え、行動していきます。


来期からは、私たち新入社員が中心となって企画・運営を行うことが
多くなると思いますので、今回学んだことを活かし、
更にアート電子を盛り上げていきます。


1020a.jpg

ビジネスマナー勉強会 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

アート電子では、毎朝ビジネスマナー勉強会というものを行っています。

私たち新入社員をメインとして、社会人としての基礎・基本、
心構え等を学ばせて頂いています。


本日の勉強会では朝礼についてでした。

朝礼は共有化のための場であり、
共有するものとして下記の五つがあげられていました。

 @仕事モードへ切り替え、やる気を高める。
 A目標
 B連絡事項の徹底
 C問題点の確認
 D成功事例や改善方法


やる気や目標の共有をすることで仕事への切り替えをし、
モチベーションを上げることができます。

また、連絡事項・問題点・改善策等、
多くの情報を朝礼では全員で共有することができます。


朝礼は一日の始まりです。

毎朝行っているとマンネリ化してしまうかもしれませんが、
一回一回の朝礼を気を抜かず行い、モチベーションを上げていくこと、
話に対してはしっかりと聞きく姿勢をとり、
様々な情報を自分の中へ落とし込んでいくことが大切だと感じました。



ボウリング大会 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

先週、今期2回目となる社内ボーリング大会が行われました。

 

全体写真.jpg
始球式.jpg
企画・運営をして下さった新入社員の皆さんありがとうございました。


昨年までは参加賞のみの私でしたが、前回から様々な賞を用意して頂けるようになり
参加者ほぼ全員が景品をもらえるようになりました。


今回私は「ガーターを一番多くとった」賞でお菓子を頂きました。


このように毎年行っている行事でもより多くの人が楽しめるよう
毎回工夫を凝らしてくれています。


全く同じことを繰り返していくのではなく、何事においても
より良いものにしていこうとする気持ちが大切だと感じました。


仕事においてもお客様や仕入先様、相手の立場になって考えると
改善すべき点は多々見えてくると思います。


自分の為に現状維持をしていくのではなく
『相手が何を求めているのか』、『どうすれば喜んで頂けるのか』

このような視点で業務や委員会活動を行っていき
満足して頂ける仕事を行える人に成長していきます。


幹事.jpg

優勝.jpg

先輩社員とは | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

私が入社して早いもので半年が経とうとしています。

 

現在配属されている部署での業務の流れも掴む事ができ、

応用を利かせることもできるようになりました。

 

 

ですが、経験が浅く疑問点も毎日生まれ、

先輩社員の方に確認し自分の中に落とし込んでいる状態です。

 

あと半年も経てば私も二年目の先輩社員となりますが、

後輩からの質問に即座に答えることができるか心配です。

 

自分の一年間の技能や知識・経験などはまだまだであり、

「安心感のある先輩社員」になるためには後半年を

どう過ごすかにかかっていると考えております。

 

まだ一年目だから考えすぎだと思うこともあるのですが、

信頼感のある先輩がいなければ今後の後輩社員の方々は、

のびのびと質問すらできないと思います。

 

自分が今、「疑問点を質問し答えが返ってくる。」

という状況を今後の新入社員にも与えるためにも、

後半年、本気で全てのものに取り組んで行く必要があると

感じました。

 

委員会活動 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

アート電子では、様々な委員会活動が行われています。

 

現在新入社員の私は、親睦推進委員会の活動を行っています。



主に、社内で開催されるイベントの企画や運営等を行います。


今現在企画しているのが、10月に開催予定のボウリング大会です。



私は、そのボウリング大会の幹事を引き受けることになりました。

 

人生初の幹事役です。

 

引き受けた当初はどうすればよいのか不安でいっぱいでしたが、

先輩社員や同僚の方たちの支えもあり、

今では目指す方向が見えてくるようになりました。

 

自分を支えてくれる方達のために、

幹事として良いイベントに仕上げることが最大の恩返しだと思いました。

 

自分の能力を存分に発揮し、盛り上げられるイベントにできるようにしていきます。