「理想のリーダー像とは何か」 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2018/7/6

弊社では、月に一度「理念と経営勉強会」を開催しています。

6月の議題の一つに「理想のリーダー像とは何か」について意見交換をしました。


私の理想のリーダー像は部下に親しまれるリーダーです。

その為には部下との交流が必要になると思います。

積極的に声を掛けて、お互いが意見をしやすい環境を作る事が大切だと思います。

意見をしやすい環境を作る事で報告・連絡・相談の徹底ができ、

仕事に支障をきたすことが無くなります。

その他、勉強会参加者の意見として以下があげられました。
【理想のリーダー像】
・圧倒的な実力があり、よき友達である
・普段は一歩引いた位置にいるが、いざという時には前面に立って行動ができる
・リーダーが不在でも業務が問題なく回る組織作りができる人
・いつも元気でいる
・一人ひとりを平等に扱う

上記の「リーダーが不在でも業務が問題なく回る組織作りができる人」
という意見を聞いて私は入社3年目ではありますが、至らない点はまだあります。
上司の方が不在でも安心して仕事を任せて頂けるような部下になれるように
務めていこうと思いました。