「人間関係」 | 浜松市のアート電子リクルート専用サイト

2017/9/29

入社して半年が経ちました。

 

 段々と日が暮れるのも早くなり、朝晩と冷え込む日も増えてきましたが、

 皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

  9/25・26と最後の新入社員研修を受講しました。

 今回のテーマは「人間関係」でした。

 

  エゴグラムを活用して自己分析とストローク分析を行いました。

 エゴグラムの結果から、長所は「コツコツと努力をして結果を出せるところ」

 というコメントを講師からもらいました。

 元々CPの自我状態が高かったのですが、更に高くなりました。

 これは、入社して目標や理想の自分の姿が研修や業務を通して明確になったからだと分析します。

 

  しかし、CPが高くなりすぎてしまうと、周りに自分の理想を求めたり、

 自分の現状の姿と理想にギャップを感じて焦りを感じやすかったりするという面もあります。

 他者批判よりも自己批判を意識して、毎日の日記を習慣付けしていきたいと思います。

 そして、反省することで改善をしていきたいと思います。

 

  人間関係を円滑にするには、「ストローク」も大切となってきます。

 ストロークは心の食べ物であり、愛情です。

 コミュニケーションをする際の、うなずきや目を見ることだけでなく、

 他にも挨拶や労ったりほめたりすることが当てはまります。

 

  自分の行動や態度は相手に鏡となって自分にも返ってきます。

 自己分析をすると新しい自分を発見することができ、

 気分もリセットされて前向きになれると思いました。

 

  研修を受けさせていただける環境に感謝をして、

 今一度、エゴグラムとストローク分析の結果を見て、

 意識や行動を改めていきます。